簡単なエクササイズ&ストレッチで腰痛に強い体を作る

慢性的な腰痛には日々のストレッチが欠かせません。日々のストレッチが腰痛を防ぐのです。すぐにもできるストレッチをおしえましょう。

階段の昇り降りで鍛えてみよう

階段を上り下る階段昇降運動は下肢全体を鍛えます。 単純のようですが、案外難しいと思われるかもしれません。腰が慢性的に悪い人には大変かもしれませんが腰が不安定なら腰痛ベルトをして行ってもいいと思います。 足の部位の中でも「第2の心臓」と言われるハムストリングス、そして足腰が鍛えられる事で腰痛を防止できます。

腰をひねる運動をやってみよう

次に腰が不安定でなければ行って欲しいツイスト運動、つまり腰をひねる事で腰回りの筋肉が鍛えられます。

腰椎の周りには腹筋と背筋がありその二つの筋肉が腰椎を守っています。この二つの筋肉のバランスが崩れると腰痛を引き起こします。

できる人は腹筋と背筋を両方鍛える事ができるツイスト運動に屈伸を加えてみましょう。

頻繁に腰痛を繰り返す人にはお勧めできません。また中腰になってその状態を保つ足の筋肉があまりない方には厳しいかもしれません。最初は壁にもたれて行うのもいいでしょう。

足を上げる運動で内臓の健康と肥満防止

下肢全体を鍛える為、足挙げ運動もいいと思います。

グッと挙げる事で腹筋と背筋の下にある大腰筋が鍛えられるのです。何度も繰り返される事で背筋と腹筋が鍛えられ、加齢による内臓下垂を食い止めれるのです。そして肥満防止に欠かせません。

腰痛の状態により行うストレッチも変えて行きましょう。決して無理はしない、そして続けていける様に努力しましょう。でも強いて行うのではなく生活リズムに取り入れるこれが大事でしょう。逆に「しないといけない」と思う事は返って逆効果です。

慢性的腰痛を起す方は運動不足の方に多く肥満に悩まれてる方が多いです。「肥満は万病の源」と例えられるように脂肪が腰痛を引き起こす事は確かです。脂肪が重みで負担をかけます。腰痛でお悩みの方はお腹周りの脂肪を取ることが大事です。

慢性的な腰痛にはストレッチを通じて脂肪量を抑え完治する事が可能かもしれません。後は継続するあなたの努力次第ですね。