腰痛ベルトの巻き方

軽度の方はその限りではありませんが、腰痛が治らない事で苦しんでいる方(坐骨神経痛など)の場合はベルトの巻き方に注意が必要です。軽くズレ落ちない程度に巻いてみましょう。決してグッと巻きつける事が無いようにその点には留意すべきです。

何故、駄目かというと外傷的要因〔交通事故)によりもしかすると椎間板ヘルニアを併発している可能性が多いと思われます。椎間板ヘルニアの症状と坐骨神経痛の症状が同時に現れるのも少なくありません。

腰から足裏のかけての痛みは睡眠を妨げる程です。「もしかしたら」と感じたら医師による画像診断が必要になります。

ベルトを巻く強さに気をつけよう

腰痛ベルトの巻き方について気をつけるべきコトは、きつく巻きすぎないようにすることです。

骨盤に近い場所で巻くようにしましょう。強い力で巻く事は、ありませんよ。一番懸念すべき点は患部を巻きすぎる事で患部から足元まで痺れる、神経症状が出てきます。

強く巻く事で呼吸もし難い時もあったり、強く巻く事で悪影響が大きいです。腰痛ベルトを正しく使う様にしましょう。一部では「強く巻けば早く治る」と誤解され易いですがその人の腰痛の状態、症状によって巻く力も違います。

「軽い腰痛なのに何故か腰から痺れるんだよ」と文句をいう方の中には腰痛ベルトの締めすぎ神経症状が出て症状が悪化している場合があります。回復状態になっていく腰痛には腰痛ベルトの締めすぎが逆効果になることもあります。

良くなっているのに不安と面倒くささから、常にベルトをしっぱなしにしてしまう人もいます。その気持ちは分かりますが、歩く事や私生活に支障が無い場合、腰痛ベルトを外すことをお勧めします。

本来の目的以外では使わないこと

腰痛ベルトはあくまでも腰痛を治す為のものです。中にはそのベルトをダイエットに使う人もいるようです。

腰椎を固定し私生活に支障の無い生活を約束する腰痛ベルトをダイエットに使おうとするのです。確かに胃と腸を押さえ込めれは、一時的に食欲を減退させることが出来ますが、ちょっと待ってください!その使い方では胃や腸の動きを悪くするだけなのです。

あくまでも腰椎、その周りの筋肉を保護するのが腰痛ベルトの役目ですから、それ以外の目的では使わないようにしてください。

正しい使い方を適度に確認して

腰痛の様態により適切な対応をする事が大事です。間違った対応、適切ではない腰痛対策は逆効果です。主治医の指導を仰ぎましょう。症状が重い方が使われる杖、補助具として、使う為には腰の位置から足までの身長が大事です。

外傷的要因(交通事故など)による重度な場合、歩行などに行う為の杖を利用する場合、理学療法士などへの相談が必要となります。腰痛ベルトを使うに当たって相談を十分にし、使う様にしましょう。間違った利用法はしないようにしましょう。

腰痛ベルトの効果は2つ