ツボで楽になる痛み

腰痛になったらツボが効く、という話を聞きますが坐骨神経痛でもあながち別の話しではないようです。

臀部から足先までしびれてきたり痛みが走った場合、応急処置としては、痛いところを氷で冷やすことです。

これは、どんな腰痛の場合にも使える方法なので、ぜひ、試してみてください。 いろんな腰痛にも通じることがありますが、痛みに効くツボを押してあげたり、そこに鍼を打つことで症状は軽くなります。

坐骨神経痛によく効くツボは、臀部の殿圧、胞肓、秩辺、環跳と呼ばれるものや下肢の殷門、外承筋と呼ばれるものです。 またふくらはぎの足三里と呼ばれるものや陽陸泉と呼ばれるものです。

その部分を指で押してあげることでかなりよくなります。 指圧師さんに、鍼でツボ療法をしてもらうと、かなり痛みがやわらぎます。

もちろんこのようなツボ押しで痛みを軽減することはできますが、本来の痛みの元を断ってあげることが一番望ましいのではないでしょうか。

根本的に治すには、中川式という腰痛、坐骨神経痛の名医のやり方がおすすめです。

プロスポーツ選手も通うと評判の腰痛治療の名医が公開した、「自宅でできる坐骨神経痛の治療法」です。

腰痛治療のマニュアルは数あるけれど、マニュアル通販のランキングでは1位とのこと。

気になったので私も買いました(笑)
神経痛はよくなったけれど、他の症状もぜんぶ治療法が図解で出ているんだもの。

一部をスキャンしてみました。


「使い方マニュアル」「理論編」「実践編」とありました。(↑クリックで拡大)

 
図解と手順がわかりやすいです。

ここまで丁寧なものを出しちゃって商売になるのかなと余計な心配。

どこへ行っても治らなかった人はどうぞ。すぐに治したい方も見て損はありません。