まずは、坐骨神経の部位を知る

ピリピリとした痛みがあるなら要注意。箇所は臀部から大腿部や膝の裏側にかけて、そのままつま先まで走る坐骨神経に痺れや痛みが生じる、いわゆる坐骨神経痛というものかもしれません。

ん、あまり聞き馴染みがないぞ、と思われた方もいるかもしれません。この神経は、一番太いものです。なんの中でかというと末梢神経の中でです。

末梢神経というのを知らない人のために解説すると、人体の神経の解剖図のようなものを見たことはあると思います。 すると、身体の中心部のほうがより大きく、太く集まっており(=中枢神経)、逆に指先など端っこの方にゆきわたっている細いもの(=末端神経)と呼ばれているのです。

さらに、感覚/運動/分泌神経とに細分化できます。それぞれ、外部で感じた感覚的な情報を脳に伝える役割と、逆に脳から伝えていく役割に分けられています。

その末梢神経の中でも、一番太いものがお尻から太ももの裏側を通り、ふくらはぎから下へ存在するのが坐骨神経です。

ここに痛みが走る原因は色々ありますが、悪化すると日常生活で外出がおっくうになるくらいの辛さになります。

坐骨神経痛の解消には暖めたり、グルコサミンの摂取なども効果だと分かったそうです。

坐骨神経痛のカンタン治療法